老人性包茎とは何か?

老人性包茎という言葉を聞き慣れない人も多いと思いますが、実はこれはとても身近な症状です。老人に関係のある包茎だということは見当がつきますが、他にはどんな特徴があるのでしょうか。

 

老人の手

 

老人性包茎は読んで字のごとく高齢者の包茎です。老人性包茎になる人の数は多く、60代以降では5人に1人が老人性包茎であるとされます。60代を過ぎてから発症することが多いですが、場合によっては40代で老人性包茎になる人もいます。

 

名前から想像がつきそうですが若い頃はそうでなかった人が、年をとって初めて包茎になるケースもあります。これは老人性包茎の大きな特徴です。

 

他に老人性包茎が通常の包茎と違うところは、ペニスが周囲の肉に埋没して外から見えない状態になってしまう場合があることです。

 

そういう意味では普通の包茎よりも症状が重いと言えるかもしれません。ただし老人性包茎ではペニスを包む包皮には問題がありません。そのため真性包茎やカントン包茎のような症状もありません。

 

なぜ老人性包茎になるのか?

 

老人性包茎になる1つの理由は、年をとってお腹の肉が出て来ることにあります。さらに高齢になると単にお腹に脂肪がつくだけでなく、皮膚に締まりがなくなってお腹が垂れてきます。こうした条件のせいでペニスがお腹の皮膚や肉に埋まってしまい包茎になるのです。

 

その結果、場合によっては上に述べたようにペニスがすっかり埋没して全く外に出ない状態にもなってしまいます。

 

いずれにしても太っている人ほど老人性包茎になりやすいと言え、メタボリック症候群を引き起すような生活習慣が包茎の間接的原因になります。

 

またお腹の肉とは別に、ペニスそのものが縮んでしまったために老人性包茎になる場合もあります。これはペニスを構成する細胞の一部が死んでペニスの体積が減少することによって起こります

 

立派なペニスを持っている人も年をとれば包茎になる可能性があります。実際に自分がそうなってしまったら辛いかもしれませんが、ありふれた症状でもありますし、治療のしようもありますので必要以上に心配することはありません。

老人性包茎を治したい、治す人が増えている理由

壮年期・老年期に入ってもセックス時、あるいは他の人とお風呂に入る時に包茎はやはり気になるかもしれません。しかし老人性包茎には、男性のプライドに関わるそれ以上に切実な問題もあります。

 

老人の手

 

日常生活での問題

 

年をとってもセックスをする人はいますし、男としてはやはりペニスの状態になにかしらの見栄があるでしょう。そういう時に老人性包茎でペニスが埋没していては格好がつきません。ですが、そういう人はどちらかと言えば少数派かもしれません。

 

年をとってあまりセックスをする機会がなくなったという人も多いでしょう。それにもかかわらず老人性包茎を治したいという人は多いです。なぜでしょうか?

 

1つは他の人と一緒にお風呂に入るのが恥ずかしいということがあるようです。孫と一緒にお風呂に入って、埋没して見えなくなったペニスを揶揄われたという話も耳にします。

 

また用を足す時にペニスを引っ張り出すのに手こずって、服やトイレを汚してしまうこともあります。これは実際切実な問題でしょう。その他、恥垢がたまりやすく衛生上よくないということもあります。

 

一番辛いのは介護を受ける時?

 

しかし、それに輪をかけて切実なのは介護を受ける際の問題です。もっと具体的に言うと排尿の世話です。しびんを使って尿をとってもらうわけですが、老人性包茎でペニスが埋没していると普通に尿瓶を使うことができません。

 

そのため男性であっても女性用の尿瓶を使われてしまったり、オムツを穿かされたりします。これは確かに辛いものがあります。

 

介護される高齢者だって、みんなそれなりのプライドを持って生きているはずです。下の世話になるだけでも辛いのに、埋もれてしまったペニスを見られた上に女性用の尿瓶やオムツまで持ち出されてはやり切れません。年だから仕方ないというのでなく、ぜひ老人性包茎を直したいと考える人が多いのも頷けます。

 

人間、いくつになっても尊厳のある生活を送りたいものです。もし老人性包茎でプライドを傷付けられているなら、治療することも考慮に入れるといいでしょう。

老人性包茎の治し方【切る方法・切らない方法】

老人性包茎の治療では切って治す方法切らずに治す方法があります。切る方が大きな効果が見込めますが、術後の傷のケアにも手間と時間がかかります。

 

包茎ドクター

 

切って治す

 

包皮の切除は必要ありませんが、老人性包茎の手術ではメスを使って体を切ることもあります。1つは長茎術といわれる方法です。このやり方では恥骨から伸びてペニスを支えている靭帯を引き伸ばしてペニスを奥から手前の方に引っ張って来ます

 

引っ張っただけではまた元に戻ってしまうので、縫合糸を使ってその位置でペニスの根本を固定し、外へ伸びた状態が保たれるようにします。

 

脂肪吸引を行う選択肢もあります。老人性包茎はお腹の脂肪にペニスが埋没している状態なので、下腹部のこの脂肪を吸い取ることでペニスを肉の外に出すのです。

 

脂肪吸引は長茎術と組み合わせて行われることも多いです。大がかりな手術になる代わりに、手っ取り早くやせられるというメリットもおまけについてきます。

 

切らずに治す

 

カントン性包茎や真性包茎は切らずに治すことはできませんが、老人性包茎は仮性包茎と同じ状態にあるので、幸い切らずに治す方法を実施することができます。

 

手軽さや後遺症の少なさから現在人気が出ているようです。切らないので手術が恐くないという理由もあるでしょう。人体にはペニスほどデリケートな部分もありませんが、それを切るとなるとやはり抵抗があります。

 

切らずに治す方法の1つは、ペニスを引き出した状態で根本を縫い付けることで、露出した状態のまま固定する方法です。切る場合と同じくこれも長茎術と呼ばれます。手術時間がとても短く、10分程度で終わることもあります。

 

切らない方法の第二は亀頭増大術です。コラーゲンなどの物質を注入することで亀頭を大きくし、これをストッパーにしてペニスの埋没を食い止めます。

 

ただし、老人性包茎の治療では長茎術を行う場合の方が多いでしょう。なお注入する物質は医院によって違いがあり、効果の持続期間などが異なります。

 

切る治療法にも大きなメリットがあるのですが、技術の進歩により老人性包茎を切らずに治療することが増えているようです。包茎治療のハードルは下がっていると言えるでしょう。

老人性包茎手術クリニック【秘密主義】

 

ABCクリニック

 

ABCクリニックは料金が安いことで有名な大手包茎クリニックです。安いだけでなく会計が明朗なので、オプションがどうこうといった、ややこしい料金の話が苦手な人でも安心して治療を受けられます。サンサンサンプロジェクトなど非常に割引率の高いキャンペーンも随時実施されています。

 

ABCクリニックで実施される手術と費用

 

ABCクリニックでは老人性包茎の治療のために、長茎術と亀頭陰茎増大術を受けることができます。長茎術のうち切らない手術は費用が150,000円、埋没したペニスを引き出す、切る手術では300,000円となっています。

 

亀頭陰茎増大術は亀頭や陰茎にコラーゲンなどの物質を注射して、その部位を大きくする手術です。料金は3段階に分かれ、吸収タイプが40,000円、定着タイプSが75,000円、定着タイプSSが125,000円となっています。

 

注入する物質が長持ちするものであるほど費用が上がります。また、これは注射1本あたりの価格ですので、たくさん注射するとその分料金は増えます。

 

複数の手術を組み合わせることもよく行われ、その場合には各術式の料金がそのまま足し算されます。分かりやすいですね。

 

ABCクリニックの特長

 

ABCクリニックのいいところは料金の分かりやすさです。各種治療ごとにあらかじめ決まった料金が示されていて、患者が自分から特別な仕上げを頼まない限り、後から追加料金がかかるということはありません。

 

縫合糸や麻酔など手術に必要な物品の費用も始めの料金に含まれています。施術費用はインターネットからでも確認することができます。

 

ABCクリニックはカウンセリングにも力を入れていて、清潔な部屋で落ち着いて相談をすることができます。その時、治療に必要な費用のこともはっきり教えてもらえます。

 

またカウンセリングルームに限らず医院全体の清潔にもこだわっており、感染症対策に努めています。

 

ABCクリニックでは会計だけでなく、手術に関する他の点についてもカウンセリングで正直に話してもらえます。手術の技術だけでなく、そうした心理的な面にも配慮されているところが好印象です。

 

 

東京ノーストクリニック

 

東京ノーストクリニックは目下急成長中の包茎クリニックであり、医院の数は30を超えます。長茎術、亀頭増大術、切らない包茎手術など多くの治療法に対応しており、老人性包茎治療でも重要な選択肢となります。

 

東京ノーストクリニックでの老人性包茎治療の選択肢と費用

 

東京ノーストクリニックで老人性包茎の治療を行う場合、最初に候補に上がるのは長茎術による治療でしょう。老人性包茎を治す際の最もオーソドックスな方法であり、基本費用は150,000円です。ただし条件によっては価格の変動がありえますので、事前のカウンセリングで確認してください。

 

東京ノーストクリニックでは亀頭増大術も行なっています。老人性包茎ではペニスがお腹の肉に埋もれてしまう場合が多いのですが、亀頭を大きくすることでこれをストッパーにしてペニスの埋没を防ぐことができます。

 

こちらの費用は52,500円からとなっています。このクリニックではヒアルロン酸を亀頭に注入しますが、長くもっても1年程度で体内に吸収されて亀頭が元のサイズに戻ってしまうことは知っておくといいでしょう。

 

その他、場合によっては余った包皮をペニスの根本に縫い付ける切らない手術を行うこともありえます。

 

基本的サービスに加えて全国一の規模がある

 

全国に非常に多くの医院を展開していることが東京ノーストクリニックの特長です。2017年現在30以上の医院を有しています。その分、家から通える場所に医院を見つけることが容易ですし、アフターケアを受ける際にも便利です。

 

東京ノーストクリニックでは無料のアフターケアを1つのセールスポイントにしています。電話でも24時間アフターケアに関する相談に乗ってもらうことができます。

 

スタッフは全て男性、カウンセリングが無料など基本的なサービスもそろっています。費用も他のクリニックと比較すると安めであり、ある種の割引が受けられたり、キャンペーン料金が適用される場合もあります。

 

東京ノーストクリニックは包茎クリニック業界の最大手です。実績や信頼があるからこそ、これだけ大きく成長することができたのかもしれません。

 

 

上野クリニック

 

包茎手術に興味がある人なら、タートルネックの男性が出て来るコマーシャルを覚えているかもしれません。それが上野クリニックです。広告を流していることからも分かるように実績のある大手クリニックです。

 

上野クリニックでは長茎術でなくペニス増大手術を実施

 

老人性包茎では包皮には問題がありません。そのため治療のためには長茎術と呼ばれる、体外に出ているペニスを長くする手術が最も多く行われます。

 

上野クリニックではこの長茎術を行なっていないため、老人性包茎の治療を受けるとしたら、もう1つの治療法であるペニス増大手術を受けることになるでしょう。

 

ヒアルロン酸などの物質をペニスに注入する方法で、上野クリニックでは注入部位により短小包茎改善法、亀頭増大法、カリ高法などと呼び分けているようです。体を切らない点で安心できる方法です。

 

注入物質にはコラーゲンとヒアルロン酸があり、コラーゲンは注射1本あたり200,000円です。ヒアルロン酸は持続期間の異なり3タイプがあり、それぞれ1本当たり120,000円,から180,000円となっています。これらの物質は5本以上注射することもあります。料金は本数次第だと言えるでしょう。

 

包茎クリニックとしての充実した配慮

 

上野クリニックでは患者の安心を考えて多くの気配りがなされています。1つはスタッフが全て男性であること。老人性包茎の治療を受ける人は多いですから、これは大変ありがたいですね。

 

カウンセリングは予約制であり、さらに仮名を使った申し込みにも対応していてプライバシーにも十分配慮されています。また診療と無料相談の受け付けは24時間行われています。

 

このクリニックのすごいところは、メールやウェブ申し込みだけでなく、フリーダイヤルの電話による受け付けも24時間実施されていることです。

 

仕事が忙しくても予約が入れやすいですね。もちろんカウンセリングは無料ですし丁寧に話を聞いてもらえます。強引な勧誘や押しつけがましいアドバイスなどもありません。

 

上野クリニックでは長茎術を行っていませんが、しっかりしたクリニックですし、痛みの少ない麻酔などにもこだわりを持っています。亀頭の増大をしたいなら相談してみる価値があります。