包茎専門クリニックと一般の泌尿器科のメリットデメリット

包茎専門クリニックでも一般の泌尿器科でも包茎手術を受けることはできます。しかし包茎クリニックと泌尿器科の果たす役割は異なり、包茎治療での対応にも違いがあります。

 

泌尿器科

 

泌尿器科のメリットとデメリット

 

泌尿器科のメリットは、真性包茎の治療を行う場合に健康保険が適用されることです。数十万円の手術ですから、保険が適用されるかどうかというのはなかなか重要です。

 

仮性包茎では医学的に治療の必要がないため保険は使えません。カントン包茎は話が少し複雑で、包茎の程度や医師の判断によって保険が適用される場合とされない場合があります。もし老人性包茎の治療を受けるとすると、真性包茎でもカントン包茎でもないので保険は適用されないと考えられます。

 

泌尿器科は包茎治療を専門にしているわけではないため、特別包茎手術が上手というわけではありません。また、あくまで医学的な不具合を治療するというスタンスであるため、見た目の仕上がりが今一つだったりということもあります。

 

包茎の患者も基本的に他の病気の患者と同じ扱いを受けるので、場合によっては恥ずかしい思いをすることがあります。

 

包茎専門クリニックのメリットとデメリット

 

包茎専門クリニックの医師は日々包茎治療の手術をこなしていますし、包茎手術に特化した勉強や研修も受けているはずです。また専門クリニックでは包茎手術に必要な設備や器具も充実しています。

 

そのため、包茎手術に関して高い技術を持ち、特に仕上げの美しさについては泌尿器科よりも専門クリニックの方が優れています。さらに感度などペニスの機能にも配慮した治療を受けることができます。

 

その他、医院によってはスタッフが全員男性であるとか、カウンセリングのスタイルやクリニックの立地などにおいて患者のプライバシーが重視されるなど、専門クリニックならではの気づかいもあります

 

アフターケアも、泌尿器科では他の病気の患者と同じで特別丁寧に行われるわけではありませんが、専門クリニックでは術後のケアに力を入れている所も多いです。

 

デメリットとしては、質の悪いクリニックではカウンセリングなどで強引に治療を勧められたり、余計なオプションをつけて費用を釣り上げられるリスクがあることがあげられます。

 

泌尿器科には泌尿器科の役割があるのですが餅は餅屋です。包茎手術を受ける場合は包茎専門クリニックで見てもらうのが無難でしょう。