老人性包茎手術後の過ごし方や注意点

老人性包茎の手術を行った後は入浴や性交などがしばらく制限されます。切らない手術では切る手術より回復は早いものの、やはりしばらくはある程度の制約が設けられます。

 

術後

 

患部のケアなど

 

包茎手術を行った後はペニスや切開部を包帯やテープで保護した状態になります。傷口の養生として定期的に消毒薬を塗ったり、ガーゼを交換したり、化膿止めの薬を服用したりといったことが、数日から2週間程度必要になります。

 

術後の痛みは一般に切る手術の方が大きく、1週間程度は痛みが続くと覚悟しておいた方がいいでしょう。ただし鎮痛剤ももらえますし、耐えられないほど痛いというものではありません。

 

一部の長茎術や脂肪吸引では抜糸が必要になり、その場合には再びクリニックへ出向く必要があります。体に吸収されるタイプの縫合糸を使う場合は抜糸を行いません。

 

なお、クリニックによっては抜糸の有無に関わりなく、経過観察のため手術の数日後に来院を求める所もあります。

 

日々の活動は?

 

仕事などの日常生活は手術当日から可能である場合がほとんどです。ただし、手術後にはどうしても痛みがありますから、人によっては手術から数日程度は気が散って仕事などに集中できないケースもあります。

 

トイレについては、手術後しばらくは立った状態で用を足すことはできず、座った姿勢で小便を済ませることになります。ペニスにテープが巻かれている場合などに、多少トイレに手間取ることもあるようです。

 

シャワーと入浴は基本的に術後2、3週間は禁止されます。ただし、患部をビニール袋で覆うなどして水に触れないようにするならば、当日からでもシャワー可能というスタンスのクリニックもあります。

 

また、性交およびマスターベーションは手術後3週間から1月はできません。これについては我慢するしかないでしょう。傷が治る早さには個人差があり、高齢者で回復が遅い場合にはこれらの期間がいくらか伸びることもありえます。

 

手術をすることは人体を傷つけることですから、それが治るまではある程度の痛みや制約があるのはやむを得ません。とはいえ、日常生活が送れないほどのものではないのでご安心を。